看板にはどのような種類があるのか?

看板にはどのような種類があるのか?

看板はさまざまな種類があるので、立地や目的、予算などによって適したものを選ぶことが大切です。
会社などでよく見られるのが、壁面に張り付けて設置するパネルタイプです。
遠くからも目立ちますが、屋根や庇を付けて雨のダメージを少なくすることが長持ちさせるコツと言えます。
壁面にはカルプ文字で店名や社名を描く方法もあります。
スチール製などで野外に自立させる看板も比較的多いです。
よく見えるためにはある程度の高さを作ることがポイントです。
観光地の地図や案内板などにもよくある形状と言えます。
また美容院や飲食店では、A字型タイプや黒板ボードの折り畳み式看板も使われています。
黒板タイプは何回も書き換えることができるので、その日のメニューや季節のセール品などタイムリーな情報提供ができる点がメリットです。
畳んで収納できるので、閉店と共に片づけておけます。
ずっと屋外に設置しているわけではないので、雨などのダメージを受けにくく老朽化しにくいのも利点です。
そのほかスタンド型や突き出し型も、商業施設ではたくさんあります。
最近では電光式のデジタルサイネージも人気を呼んでいます。
光るので夜間にも情報アピールができますし、インパクトある画面で人の興味を引き付ける効果があるでしょう。

移動式看板で、バランスよく宣伝効果を上げる

看板にはデザインや形状のほか壁に掛けるタイプや地面に設置したり、移動させられるタイプの看板があります。
壁に掛けるタイプは店舗と対応する形でサービスや商品を直接知ってもらえるため、宣伝効果は上がります。
一方で、据え付けタイプは店舗とは別の場所に設置することで、とりわけ交通量の多い場所などでは不特定多数の人に知ってもらえる機会があり、便利です。
その一方で、いずれの場合も効果が上がらない場合に設置しなおす手間と費用がかかる点はデメリットです。
その点移動式看板であれば効果を調査しながらデータを蓄積すれば、効率的な宣伝につながります。
一般的に移動式看板は、防犯上の観点から店舗から遠い場所には設置できません。
したがって、壁かけと据え付けタイプの特徴を活かす視点が重要です。
できるだけ交通量の多い場所に移動させつつ、同時に店舗もしっかり認識できることです。
移動できるならば、これらの条件を満たすことは十分可能でしょう。

看板に関する情報サイト
看板制作のポイント

このサイトでは看板制作する際のポイントを詳細に解説しており、合わせてその際に役立つ雑学を紹介しています。どのような種類があるのかといった基本的な事から、懸垂幕や横断幕やテント型などもその一種であることをその理由を交えて詳細に解説しており、実際に制作する際に様々な参考情報を知ることができるのが特徴です。このサイトの内容を把握しておくことで、効果的に制作をすることができるようになるほか、サインボードへの応用もできるようになるため、非常に役立つ情報を提供するサイトとなっています。

Search