懸垂幕や横断幕やテント型なども看板の一種

懸垂幕や横断幕やテント型なども看板の一種

看板といえば大型の金属製の物をイメージする方も多いかもしれません。
そういったタイプは長く設置することに向いていますが、短期間で取り外すことを考える場合にはやや不向きです。
コストと取り付ける手間が使用する期間にかみ合わず、結局効果もあまり得られません。
短期間しか使わないのであれば懸垂幕や横断幕タイプのものをお勧めします。
懸垂幕や横断幕はスポーツの応援でよく用いられていますが、デザインや内容を変えることで看板として使用することが出来ます。
これらは縫製なので取り付ける際に特別な技術を必要としません。
取り外しも簡単でコストも安いです。
大きなスペースがある場合にはテント型もお勧めします。
テント型の場合には中に入ってじっくりと広告の内容を見ることができ、訴求効果が大きくなります。
設置もそこまで時間がかからず、一定のスペースさえあれば問題はありません。
このように用途や状況に応じて看板の種類を選ぶようにしましょう。

袖看板がもたらす宣伝効果と看板の安全性について

袖看板は建物の壁面に設置する看板の中で、主に複数の店舗などを記した大型の物を意味します。
大型なので遠くからでも目立ちやすい他、人目につく位置に設置されていることから、屋根に設置する看板と路地に置く据え置き看板が持つ利点を併せ持った、宣伝効果の高い設備と言えます。
一方で袖看板は建物の壁面から突き出た形状になっているため、不安定な状態になってしまう欠点があるのも事実です。
年数の経過と共に金具が劣化しやすく、落下のおそれがあると言えるでしょう。
安全性を保つためには定期的なメンテナンスが不可欠であり、場合によっては丸ごと交換することもあります。
設置費用はサイズやデザインによって異なるので一概に言い切ることはできませんが、大きなサイズで内部照明がある物は高額化しやすい傾向にあります。
また、テナントが頻繁に入れ替わる物件では店名部分の取り替えができるように特殊な構造にする必要があるため、改造費が上乗せされることも珍しくありません。

看板に関する情報サイト
看板制作のポイント

このサイトでは看板制作する際のポイントを詳細に解説しており、合わせてその際に役立つ雑学を紹介しています。どのような種類があるのかといった基本的な事から、懸垂幕や横断幕やテント型などもその一種であることをその理由を交えて詳細に解説しており、実際に制作する際に様々な参考情報を知ることができるのが特徴です。このサイトの内容を把握しておくことで、効果的に制作をすることができるようになるほか、サインボードへの応用もできるようになるため、非常に役立つ情報を提供するサイトとなっています。

Search